更年期障害で苦しむ女性に救済の手を【イライラとさようなら】

医者

中高年の女性に特徴的な病

中高年の女性に多い病とは

悩み

女性はホルモンバランスの関係で50代ごろに多くの方が更年期障害を経験します。更年期障害自体は以前から知られていましたが、近年特に注目を集めています。その理由として、女性の社会進出が挙げられます。女性はほとんどが更年期障害を発症する一方で、男性同様に職場で活躍する機会も増えています。更年期障害の症状が出たままで働くことは、女性にとってかなりの負担となるため、女性の働く機会をうまく守るためにも、更年期障害を考慮した仕事のスタイルの構築が求められているわけです。更年期障害は重篤な場合、うつ病などの精神疾患に近い症状が出ることもあります。今までは投薬中心の治療でしたが、職場環境や家族など、様々な要素の考慮が必要だと議論されています。

特徴はほてりや気分の変動

更年期障害の特徴的な症状として、顔のほてりや気分の大きな変動が挙げられます。イメージとしては生理の際の不安定さに似たようなものです。更年期障害の症状の特徴として、程度の深刻さにおける個人差が非常に大きいということも挙げられます。更年期障害は思春期の不安定さとセットで語られることが多いのですが、思春期と同様に、一気に心身の変化が起こって戸惑いを感じる人もいれば、緩やかに変化が進んで穏やかに過ごせる人もいます。しかし、現在では更年期障害を和らげる医療がとても発達しており、一人で悩む必要はありません。周囲の家族なども、症状が辛そうであれば医療機関の受診を早期に勧め、適切な治療を受けてもらうことが大切です。