更年期障害で苦しむ女性に救済の手を【イライラとさようなら】

医者

更年期の不調を改善する

更年期に不調が起こる理由

女性

日本女性の閉経年齢は平均して50〜51歳といわれ、この閉経年齢をはさんだ前後5年ずつ計10年間、つまりおよそ40代半ばから50代半ばの年齢を更年期と呼んでいます。この更年期は、女性の心身の不調が起こりやすくなる時期です。これは、閉経に伴い卵巣の働きが衰えて女性ホルモンの分泌が減少してしまい、そのことで自律神経の調整がうまくいかなくなり、心身の不調が起こりやすくなってしまうのです。こうした不調を一般に「更年期障害」と呼びます。更年期障害は女性ホルモンの分泌が減少することが最大の原因であることから、これを改善するには体内の足りなくなったホルモンを外から補うことが必要となります。こうした治療法を「ホルモン補充療法」といい、病院の婦人科や更年期外来で行っています。これは更年期障害の根本治療とされ、非常に効果が高いとされる方法ですが、ただし体質や既往症によっては乳がんのリスクが高まる可能性があることから、治療を受ける際にはカウンセリングなどをしっかりと受けて相談しましょう。

様々な治療および改善方法

更年期障害の治療法といえば、まず筆頭に上がるのがホルモン補充療法です。この治療法は、特にホットフラッシュの症状や閉経後に現れやすくなるとされる骨粗しょう症の予防に効果が高いとされています。また、保険適用されるため自己負担が少ないことも特徴の1つです。ホルモン補充療法を避けたい人には、漢方による治療が効果的です。漢方は、症状とその人の体質ごとに適した薬が処方されます。こちらも一部を除き、保険が適用されます。最も手軽な方法とされ、現在多くの女性が利用しているのがサプリメントによる改善法です。中でも、大豆の胚芽から抽出された「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンと似た働きをすることから、これを摂取することでホルモン補充療法に近い効果が期待できるとされています。この他、健康と美容に高い効果を持つとされるプラセンタを利用する改善方法も提案されています。自分でサプリメントも上手に活用することも大切ですが、もし症状が悪化するようであれば、なるべく医療機関へ行って治療を進めていきましょう。