更年期障害で苦しむ女性に救済の手を【イライラとさようなら】

医者

中高年の女性に特徴的な病

悩み

更年期障害は女性の社会進出と共に、女性の仕事の環境の整備という点で注目を集めています。更年期障害は症状の差が激しいですが、最近では様々な治療法を用いて穏やかに過ごせることが増えてきており、症状が出たら早めの受診が大切です。

Read More...

更年期の不調を改善する

女性

更年期障害は、閉経に伴い女性ホルモンの分泌が減少することで自律神経の調整がうまくいかず起こるとされます。これを治療するにはホルモン補充療法が効果的です。他には漢方による治療やサプリメント摂取などがありますが、症状によっては医療機関を訪ねましょう。

Read More...

更年期症状と似ている病気

イライラ症状が抑えられない、更年期障害の改善法を、ココで豊富に紹介しています。改善して健康的な生活を送ることが可能になりますね。

精神症状が似ている病気

医者

更年期障害の症状が出る40〜50歳代は今までの生活習慣から生活習慣病などの症状が出始める時期と重なってしまいます。更年期障害を思っていたら違う病気が見つかる場合もあります。更年期障害の症状は、ほてりやのぼせといった身体症状と憂うつ感などの精神症状が現れます。精神症状が似ている病気にうつ病があります。更年期はうつ病が増える年代とされています。エストロゲンの分泌が不安定なためイライラ、不安といった精神状態を訴える人が多いと報告されています。また子供の自立に伴い母親としての役割の喪失、若さの喪失、夫との関係といった家庭内の問題が原因でうつ病を引き起こしやすいとされています。閉経後はエストロゲンの量が少ないなりに安定するためホルモンの変動がきっかけで起こる精神不安定は起こりにくくなります。精神症状以外に頭痛、肩こり、疲労感など身体症状も伴い更年期障害の症状と重なる面が多く、鑑別しにくいといわれています。

身体症状が似ている病気

身体症状が似ている病気に甲状腺疾患、子宮癌、糖尿病、メニエール病などがあります。子宮癌の場合、目だった症状はなく、子宮からの不正出血によって発見できることがあります。更年期は月経周期が乱れ、不正出血も増えます。この出血が癌によるものなのか、更年期によるものかの区別がつきません。癌は早期発見で高い確率で治癒するため検査が勧められます。甲状腺疾患も更年期障害と間違いやすい病気です。甲状腺機能低下症は体がだるい、疲れやすい、気分が落ち込むといった症状がみられ、甲状腺機能亢進症は発汗、動悸、イライラなどの症状がみられます。これらの病気は血液検査で診断できます。糖尿病は視力の低下、傷が治りにくいといった症状の他にのどの渇き、頻尿、疲労感といった更年期障害とよく似た症状を持ちます。糖尿病は遺伝するので近親者に糖尿病を患っている人がいる場合は検査を受けて見ましょう。血液検査で診断可能です。メニエール病は30〜50歳代に発症する人が多く、更年期と重なります。主な症状はめまい、耳鳴りで更年期障害と似ていますが、吐き気を伴うことが違う所です。吐き気を感じていればメニエール病の疑いがでてきます。

年齢と共に辛い更年期症状

困る

更年期障害は、辛いです。しかも、周囲の人に理解していただく事も難しいです。一人で考えないで周囲の人に告知して理解していただく事を考える事も必要です。また、クリニックなどの専門科の受診も利用してみましょう。

Read More...